Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

Dr.Web for Windows 11.5:

  1. 通知領域(画面の右下隅)にあるDr.Webの常駐アイコンをクリックします。
  2. 南京錠のアイコンをクリック(管理モードに変更)して、設定の変更を許可します。
  3. 歯車のアイコン(設定アイコン)をクリックし、メイン-セルフプロテクションをクリックします。
  4. ユーザーエミュレーションの禁止オプションをオフにします。

Dr.Web for Windows 12:

  1. 通知領域(画面の右下隅)にあるDr.Webの常駐アイコンをクリックします。
  2. [セキュリティセンター]をクリックします。
  3. 画面左下隅にある南京錠のアイコンをクリック(管理モードに変更)して、設定の変更を許可します。
  4. ウィンドウの右上隅にある歯車のアイコン(設定アイコン)をクリックし、Self-protectionをクリックします。
  5. ユーザーエミュレーションの禁止オプションをオフにします。

Dr.Webのインストール中にも、アドバンスオプション タブのインストールパラメータセクションからこのオプションをオフにすることもできます。

下記の通り、スキャナーを起動する方法はいくつかあります。

  • Dr.Webアンチウイルスをインストールすると、デスクトップには緑色のクモのマークで、スキャナーのアイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、スキャナーは起動されます。
  • 画面の右下には、緑色のクモというDr.Webアンチウイルスのアイコンがあります。このアイコンを右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。メニューからScanner を選択し、クリックしてください。スキャナーは起動されます。
  • 具体的なオブジェクト(ファイル又はフォルダ)をスキャンするために、Windows経由で起動することもできます。そのために、選択されたオブジェクトを右クリックし、表示されたコンテキストメニューからDr.Webで検査を行う をクリックします(赤色クモのアイコン)。スキャナ-は起動され、ファイルをスキャンします。
  • さらに、オブジェクトのアイコンを、カスタムスキャンのモードに設定されているスキャナーのアイコン、又は、開かれたスキャナーのウインドウへドラッグ&ドロップし、具体的なオブジェクト(ファイル又はフォルダ)をスキャンするという方法があります。

修復不可能なファイルと疑わしいファイルに対して「隔離」というアクションをとると、ファイルは隔離フォルダに移動され、拡張子を持たなくなります。つまり隔離というアクションは、ファイルの無効化と無害化を意味します。隔離されたファイルが明らかなマルウェアである場合など、ファイルを隔離し続ける理由が無い場合、隔離マネージャー を開いて、ファイルを削除することができます。

SpIDer Gateは全てのブラウザと互換性があります。

Dr.Webアンチウイルスエンジンは非常に高速ですので、SpIDer GateがWebページの読み込みやファイルの転送を遅くすることはありません。

他のDr.Webプログラムのモジュールと同じように、SpIDer Gateも同じアンチウイルスエンジンを備え、同じウイルスデータベースを使っています。その為、他のモジュールと一緒にアップデートされます。

悪意のあるコードはWebページのコードと一緒にシステムに侵入する為、SpIDer Gateを無効にするとHTTPトラフィックスキャンが実行されなくなってしまうため、全体的なセキュリティレベルが低下します。システムにダメージを与えてしまうスクリプトウイルス、及び脆弱性を利用するウイルスが数多くあります。

それでもHTTPトラフィックスキャンを無効にする必要がある場合は、SpIDer Gateの設定内で受信、及び送信トラフィックスキャンのチェックボックスのチェックを外してください。

ペアレンタルコントロールによって特定のWebリソース、ローカルディスク、フォルダ、及びネットワークリソースへのユーザーアクセスを制限することが出来ます。管理者は禁止するサイトのリストを作成することも、Doctor Webが提供するリストを使うことも出来ます。Dr.Webのリストはテーマ別に分けられ、定期的にアップデートされています。

どんなサイトでもブロックできます。ペアレンタルコントロールは特定の内容を含むサイト(ドラッグ、武器、オンラインゲームに関する情報のサイト等)の他に、特定のWebサイトやWebページへのアクセスを制限することが出来ます。管理者はURL、又はアドレス内にあるキーワードを使ってブロックしたいWebサイトを指定することが出来ます。Doctor Webが提供するリストはテーマ別のブロックに使用できます。

ペアレンタルコントロールは、システム管理者がパスワードを入力しない限り無効にすることは出来ません。ペアレンタルコントロールを無効にすると、全てのユーザーが全てのWebサイト、及びローカルリソースにアクセス出来るようになってしまいます。何らかの理由でペアレンタルコントロールを無効にする必要がある場合は、「URLフィルターを有効にする」、及び「ローカルアクセスを制限」のチェックを外してください。

このオプションを使ってローカルファイル、及びフォルダに対するアクセスを制限し、誤ってデータを削除してしまうのを防ぎ、個人情報を流出から守ることができます。

ペアレンタルコントロールの設定内で、ブロックしたいオブジェクトを指定してから新しい設定を適用してください。

許可するアドレスのリストにそのWebサイトを追加してください。

誤検知でブロックされているのが確かな場合は「ペアレンタルコントロールの誤認警報、誤検出を報告する」までご報告ください。

  • タスクトレイにあるクモのアイコンをクリックしてください。
  • 施錠された状態のアイコンをクリックします。ユーザーアカウント制御の画面が表示されます。
  • 画面の内容を確認し、必要に応じて管理者アカウント用のパスワードを入力してください。施錠された状態のアイコンが解錠状態に切り替わります。
  • 歯車のアイコンをクリックしてください。
  • Dr.Web設定ウィンドウが開きます。Parental Controlのタブに進んでください。
  • 画面に表示されている制御の対象となるユーザーのアカウントを選択してください。
  • “インターネット” セクションから“変更”をクリックしてください。
  • ドロップダウンリストから“カテゴリでブロック”を選択してください。
  • アクセス制限の対象となる望ましくないウェブサイトのカテゴリにチェックマークを入れてください。

Doctor Webのスペシャリストは各カテゴリに属するウェブサイトのリストを随時更新しています。

もっと詳しく知りたい

  • Parental Controlのタブを開いてください。
  • 画面に表示されている制御の対象となるユーザーのアカウントを選択してください。
  • “インターネット” セクションから“変更”をクリックしてください。
  • テゴリでブロック”を選択してください
  • “ブラックリストとホワイトリスト”をクリックしてください。
  • ブロックされないようにするサイトをホワイトリストに追加してください。
  • 望ましくないサイトの場合、それをブラックリストに追加してください。
  • 特定サイトのみへのアクセスを許可される場合、アクセスを許可する全てのサイトのURLをホワイトリストに登録してから、“ホワイトリスト上のwebサイト以外を全てブロック” を選択してください。

メジャーなサーチエンジン(Google、 Yandex)では、悪意のある、または望ましくないコンテンツが掲載されているサイトのURLは検索結果に表示されないという安全な検索機能が実装されています。 こうしたブラウザーの安全な検索機能が自動的に有効になるために、同様にParental Control機能も有効にしてください。

もっと詳しく知りたい

  • “ファイルとフォルダ”のタブを開き、スイッチをクリックしてください。
  • リストにファイルやフォルダのパスを追加して、必要なアクセスモードを設定してください。

“読み取り専用“の場合、制御の対象となったアカウントではファイルやフォルダは閲覧できますが、変更したり削除したりすることはできなくなります

“ブロックされています”の場合、対象のファイルやフォルダにはアクセスできなくなります。

  • “スタート” — “設定” をクリックしてください。
  • “アカウント”をクリックしてください。
  • “家族とその他のユーザー”をクリックしてください。
  • Parental Controlによる制御の対象となったユーザーのアカウントに管理者権限が付与されていないことを確認してください。
  • 必要であれば、権限を“管理者”から“一般ユーザー”に変更してください。
  • ご利用の管理者アカウントのパスワードが未設定ではないことを確認してください。パスワードが未設定の場合、Ctrl + Alt + Delete を押下し、“パスワードの変更”をクリックしてください。次に、“新しいパスワード” のフィールドに新しいパスワードを入力し、”パスワード再入力“のフィールドに再度入力してから、 ”送信“ を押してください。
  • “時間” タブを開いてください。
  • インターネットおよびPC使用時間帯を指定してください
  • 時間帯のかわりに、使用可能な時間の上限を設定することも可能です。
  • 簡単に言うと「スパム」は、望まれないメール全てに当てはまります。スパムは、様々な製品やサービスを提供する広告から成っています。
  • スパムメッセージの中で最も危険なのはフィッシング、ファーミング、スキャミングです。ナイジェリア詐欺、宝くじ詐欺、カジノ詐欺、銀行やクレジット会社からの偽のメールがそれらの特徴です。
  • 次に多いのがいわゆる「幸福の手紙」と呼ばれる政治的、及び経済的なPRのスパムです。
  • また、送信されなかったメッセージに対する返信として、実際にメッセージを送信したかどうかに関わらず、メールサーバーによって作成されるテクニカルスパム、又はバウンスメッセージもあります。そのようなメールは、例えば上手く機能しないメールサーバーやメールワームが原因です。

受信するメールはDr.Webモジュールの1つ、SpIDer Mailによってフィルタリングされます。スパムフィルターをアクティブにする手順は以下のとおりです。

  • Windowsタスクパネル上のSpIDer Mailメニュー内で「設定」を選択します。
  • SpIDer Mailの「設定」ウィンドウが表示されます。SpIDer Mailの「設定」ウィンドウ内の「スキャン」ペインで「スパムをチェック」チェックボックスを有効にしてください。変更を反映するためにOKをクリックし、SpIDer Mailの「設定」ウィンドウを閉じます。

スパムフィルターをアクティブにした後、Vade Retroアンチスパムエンジンが組み込まれたSpIDer MailがPOP3、及びIMAP4プロトコル上の受信メール全てに対してフィルタリングを開始します。

Dr.Webアンチウイルスによってスパムとされた全てのメッセージを、メールクライアント内の指定したメールフォルダに自動的に移動させるには以下の手順を実行してください。

  1. Windowsタスクパネル上のSpIDer Mailメニュー内で「設定」を選択します。SpIDer Mailの「設定」ウィンドウが表示されます。「高度な設定…」ボタンをクリックしてください。「SpIDer Mail®スパム設定」ウィンドウが開きます。「スパムメッセージの件名にプレフィックスを追加する」ボックスにチェックを入れ、下のフィールドに任意の単語、又は記号の組み合わせを入力してください。このプレフィックスが、Dr.Webアンチウイルスによってスパムとされたメッセージの件名に付きます。
  2. 使用しているメールクライアント内にスパム用の新しいフォルダを作成してください。「スパムメッセージの件名にプレフィックスを設定」フィールドで指定したプレフィックスの付いたスパムメッセージが全て、自動的にそのフォルダに置かれるようにルールを設定してください。

ホワイトリストとブラックリストには信用できるメールアドレスとそうでないアドレスどちらかが含まれています。

  • 送信者のメールアドレスがホワイトリストに追加された場合、それらのメッセージはフィルタリングされません。ただし、送信者と受信者が同じドメイン名のメールアドレスを共有していて、このドメイン名が“*”付きでホワイトリストに載っている場合はフィルタリングされます。
  • ブラックリストに載っているメッセージは全て、分析無しでスパムとして認識されます。

これらのリストの設定は、異なるメールアドレスを";"で区切って、順番に入力する必要があります。"*"をアドレスの一部として使用できます。例えば*@domain.orgはドメイン名"domain.org"を持つ全てのアドレスの代わりになります。

日本語のメッセージがスパムとしてフィルタリングされるのを防ぐには、「中国、日本、韓国文字のテキストを許可する」オプションにチェックを入れてください。チェックが入っていない場合、それらのメッセージはスパムとされる可能性があります。

メッセージが誤ってフィルタリングされてしまった場合、解析、及びフィルタリングテクニックの向上の為それらのメッセージを添付して以下のアドレスにお送りください。

  • 誤ってスパムであると認識されてしまったメッセージは添付ファイルとしてvrnonspam@drweb.comに送信してください。
  • 誤ってスパムではないと認識されてしまったメッセージは添付ファイルとしてvrspam@drweb.comに送信してください。

当社製品に組み込まれております「Vade Retro」アンチスパムは、フランス「Vade Secure(以下、VadeSecure社)」のエンジンを利用しており、ご報告頂いた誤検知内容は、最終的にVadeSecure社による解析を行い、反映致します。そのため、当社では明確な適用タイミングを保証しておりませんので、予めご了承ください。

また、同様にVadeSecure社による解析の結果、アンチスパム機能に問題が無いと判断された場合、判定基準の修正や追加が行われない場合がございますので、ご了承ください。

Dr.Webアイコンを右クリックしてください。開かれたメニューからFirewallというアイコンへカーソルを移動し、ドロップダウンリストから設定を選択します。 次に、アプリケーションタブへ進みください。

プログラムのためのルールを作成するには、作成を押してください。開かれたウインドウでは、ルールが作成されるプログラムの実行ファイルのパスを指定してから、次を選択してください。

  1. ネットワークアプリケーションを起動するためのルール種類:
    • 許可 — アプリケーションにプロセスの起動を許可します
    • ブロック — アプリケーションにプロセスの起動を禁止します
    • 動作モードに従う — 選択されたファイアウォールのモード設定をこのアプリケーションに適用します
  2. ネットワークリソースにアクセスするためのルール種類:
    • すべてを許可  — アプリケーションにネットワークへのアクセスを許可します
    • すべてを禁止 — アプリケーションにネットワークへのアクセスを禁止します
    • ユーザーが指定した  — ユーザーが指定したパラメーターでアクセスを指定します
    • 動作モードに従う — 選択されたファイアウォールのモード設定をこのアプリケーションに適用します

ファイアウォールは学習モードで動作する場合、特に手動でルールの設定を行う必要はありません。アプリケーションが始めてネットワークにアクセスする際、アクセスのルールをファイアウォール通知のウインドウで設定をすることが可能です。

ファイアウォールは以下の四つのモードがあります。

未知の接続を許可 — すべての不明なコネクションを許可します。プロテクションは無効になります。

学習モード(既知のコネクションの場合、自動的にルールを作成します) –既知のコネクションの場合、自動的にルールを追加します。不明なコネクションの場合、ユーザーはアクションを選択するように求められます。

インタラクティブモード — 学習モードです。オペレーティングシステム、又はアプリケーションがネットワークへの接続を試みる際、ファイアウォールからユーザーがアクションを選択するような通知が出ます。

未知の接続をブロック —ユーザーに確認することなく、すべての不明なコネクションはブロックされます。

ファイアウォール設定にあるセクションアドバンスでファイアウォールのモードを指定することができます。

アプリケーションのためのルールが既に存在している場合、ファイアウォールはこのルールに基づき動作します。

あるプログラムがインターネットへの接続を実行しようとしている、または外部からご利用のコンピューターにアクセスしようするときに、Firewallからの通知が表示され、アクセスの許可/禁止についてユーザーに確認します。その際通知に表示されるプログラム名を確認し、もし、既知のプログラムであれば、“ルールを作成”をクリックし、“全てのネットワーク接続を許可する”を選んでください。

インターネットアクセスの問題を解決するには、次の手順に従って実行してください。

  1. 画面の右下にあるアンチウイルスのアイコンを右クリックします。
  2. 錠のアイコンをクリックし、歯車(“設定”)を選んでください。
  3. リストから“保護コンポーネント”を選択後に、“Firewall”をクリックしてください。
  4. 画面右側の“アプリケーション”セクションにある“アプリケーションルール”の“変更”をクリックしてください。
  5. 既にルールが設定されているアプリケーションの一覧が表示されます。その中から、赤い丸(進入禁止マーク)が付いているアプリケーションを探してください。このような状態のアプリケーションの中に、ご利用のブラウザーが含まれている可能性があります。赤い丸(進入禁止マーク)を二回クリックしてから、“全て許可”を選んでください。

Firewallを含むアンチウイルスの全ての設定をリセットする方法:

  1. 画面の右下にあるアンチウイルスのアイコンを右クリックします。
  2. 錠のアイコンをクリックし、歯車(“設定”)を選んでください。
  3. 表示された画面の右側の “変更”から“設定をリセット”をクリックしてから、“OK”を押してください。
  4. アンチウイルスの設定がリセットされた後、インターフェイス言語は英語となります。使用言語を日本語に設定するには、“Main” ― “Advanced”を選択後に、 “Language”では“日本語”をクリックし、ウィンドウを閉じてください。

Firewallを削除することもできます。削除する際は、コントロールパネルから“プログラムのインストールと削除”を選んでください。

フォルダ名はWindowsのバージョンおよび閲覧モードにより異なる場合があります。

一覧から “Dr.Web Security Space”を探した後、“変更” → “コンポーネントの変更”をクリックしてください。次に、Firewallのチェックマークを外し、“適用“をクリックすると、このコンポーネントは削除されます。

上記の手順に従って実行しても問題が解決されない場合、テクニカルサポートサービスにお問い合わせください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

Dr.Web © Doctor Web
2003 — 2021

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F