Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

Dr.Webアイコンを右クリックしてください。開かれたメニューからFirewallというアイコンへカーソルを移動し、ドロップダウンリストから設定を選択します。 次に、アプリケーションタブへ進みください。

プログラムのためのルールを作成するには、作成を押してください。開かれたウインドウでは、ルールが作成されるプログラムの実行ファイルのパスを指定してから、次を選択してください。

  1. ネットワークアプリケーションを起動するためのルール種類:
    • 許可 — アプリケーションにプロセスの起動を許可します
    • ブロック — アプリケーションにプロセスの起動を禁止します
    • 動作モードに従う — 選択されたファイアウォールのモード設定をこのアプリケーションに適用します
  2. ネットワークリソースにアクセスするためのルール種類:
    • すべてを許可  — アプリケーションにネットワークへのアクセスを許可します
    • すべてを禁止 — アプリケーションにネットワークへのアクセスを禁止します
    • ユーザーが指定した  — ユーザーが指定したパラメーターでアクセスを指定します
    • 動作モードに従う — 選択されたファイアウォールのモード設定をこのアプリケーションに適用します

ファイアウォールは学習モードで動作する場合、特に手動でルールの設定を行う必要はありません。アプリケーションが始めてネットワークにアクセスする際、アクセスのルールをファイアウォール通知のウインドウで設定をすることが可能です。

ファイアウォールは以下の四つのモードがあります。

未知の接続を許可 — すべての不明なコネクションを許可します。プロテクションは無効になります。

学習モード(既知のコネクションの場合、自動的にルールを作成します) –既知のコネクションの場合、自動的にルールを追加します。不明なコネクションの場合、ユーザーはアクションを選択するように求められます。

インタラクティブモード — 学習モードです。オペレーティングシステム、又はアプリケーションがネットワークへの接続を試みる際、ファイアウォールからユーザーがアクションを選択するような通知が出ます。

未知の接続をブロック —ユーザーに確認することなく、すべての不明なコネクションはブロックされます。

ファイアウォール設定にあるセクションアドバンスでファイアウォールのモードを指定することができます。

アプリケーションのためのルールが既に存在している場合、ファイアウォールはこのルールに基づき動作します。

あるプログラムがインターネットへの接続を実行しようとしている、または外部からご利用のコンピューターにアクセスしようするときに、Firewallからの通知が表示され、アクセスの許可/禁止についてユーザーに確認します。その際通知に表示されるプログラム名を確認し、もし、既知のプログラムであれば、“ルールを作成”をクリックし、“全てのネットワーク接続を許可する”を選んでください。

インターネットアクセスの問題を解決するには、次の手順に従って実行してください。

  1. 画面の右下にあるアンチウイルスのアイコンを右クリックします。
  2. 錠のアイコンをクリックし、歯車(“設定”)を選んでください。
  3. リストから“保護コンポーネント”を選択後に、“Firewall”をクリックしてください。
  4. 画面右側の“アプリケーション”セクションにある“アプリケーションルール”の“変更”をクリックしてください。
  5. 既にルールが設定されているアプリケーションの一覧が表示されます。その中から、赤い丸(進入禁止マーク)が付いているアプリケーションを探してください。このような状態のアプリケーションの中に、ご利用のブラウザーが含まれている可能性があります。赤い丸(進入禁止マーク)を二回クリックしてから、“全て許可”を選んでください。

Firewallを含むアンチウイルスの全ての設定をリセットする方法:

  1. 画面の右下にあるアンチウイルスのアイコンを右クリックします。
  2. 錠のアイコンをクリックし、歯車(“設定”)を選んでください。
  3. 表示された画面の右側の “変更”から“設定をリセット”をクリックしてから、“OK”を押してください。
  4. アンチウイルスの設定がリセットされた後、インターフェイス言語は英語となります。使用言語を日本語に設定するには、“Main” ― “Advanced”を選択後に、 “Language”では“日本語”をクリックし、ウィンドウを閉じてください。

Firewallを削除することもできます。削除する際は、コントロールパネルから“プログラムのインストールと削除”を選んでください。

フォルダ名はWindowsのバージョンおよび閲覧モードにより異なる場合があります。

一覧から “Dr.Web Security Space”を探した後、“変更” → “コンポーネントの変更”をクリックしてください。次に、Firewallのチェックマークを外し、“適用“をクリックすると、このコンポーネントは削除されます。

上記の手順に従って実行しても問題が解決されない場合、テクニカルサポートサービスにお問い合わせください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F