Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

  • 簡単に言うと「スパム」は、望まれないメール全てに当てはまります。スパムは、様々な製品やサービスを提供する広告から成っています。
  • スパムメッセージの中で最も危険なのはフィッシング、ファーミング、スキャミングです。ナイジェリア詐欺、宝くじ詐欺、カジノ詐欺、銀行やクレジット会社からの偽のメールがそれらの特徴です。
  • 次に多いのがいわゆる「幸福の手紙」と呼ばれる政治的、及び経済的なPRのスパムです。
  • また、送信されなかったメッセージに対する返信として、実際にメッセージを送信したかどうかに関わらず、メールサーバーによって作成されるテクニカルスパム、又はバウンスメッセージもあります。そのようなメールは、例えば上手く機能しないメールサーバーやメールワームが原因です。

受信するメールはDr.Webモジュールの1つ、SpIDer Mailによってフィルタリングされます。スパムフィルターをアクティブにする手順は以下のとおりです。

  • Windowsタスクパネル上のSpIDer Mailメニュー内で「設定」を選択します。
  • SpIDer Mailの「設定」ウィンドウが表示されます。SpIDer Mailの「設定」ウィンドウ内の「スキャン」ペインで「スパムをチェック」チェックボックスを有効にしてください。変更を反映するためにOKをクリックし、SpIDer Mailの「設定」ウィンドウを閉じます。

スパムフィルターをアクティブにした後、Vade Retroアンチスパムエンジンが組み込まれたSpIDer MailがPOP3、及びIMAP4プロトコル上の受信メール全てに対してフィルタリングを開始します。

Dr.Webアンチウイルスによってスパムとされた全てのメッセージを、メールクライアント内の指定したメールフォルダに自動的に移動させるには以下の手順を実行してください。

  1. Windowsタスクパネル上のSpIDer Mailメニュー内で「設定」を選択します。SpIDer Mailの「設定」ウィンドウが表示されます。「高度な設定…」ボタンをクリックしてください。「SpIDer Mail®スパム設定」ウィンドウが開きます。「スパムメッセージの件名にプレフィックスを追加する」ボックスにチェックを入れ、下のフィールドに任意の単語、又は記号の組み合わせを入力してください。このプレフィックスが、Dr.Webアンチウイルスによってスパムとされたメッセージの件名に付きます。
  2. 使用しているメールクライアント内にスパム用の新しいフォルダを作成してください。「スパムメッセージの件名にプレフィックスを設定」フィールドで指定したプレフィックスの付いたスパムメッセージが全て、自動的にそのフォルダに置かれるようにルールを設定してください。

ホワイトリストとブラックリストには信用できるメールアドレスとそうでないアドレスどちらかが含まれています。

  • 送信者のメールアドレスがホワイトリストに追加された場合、それらのメッセージはフィルタリングされません。ただし、送信者と受信者が同じドメイン名のメールアドレスを共有していて、このドメイン名が“*”付きでホワイトリストに載っている場合はフィルタリングされます。
  • ブラックリストに載っているメッセージは全て、分析無しでスパムとして認識されます。

これらのリストの設定は、異なるメールアドレスを";"で区切って、順番に入力する必要があります。"*"をアドレスの一部として使用できます。例えば*@domain.orgはドメイン名"domain.org"を持つ全てのアドレスの代わりになります。

日本語のメッセージがスパムとしてフィルタリングされるのを防ぐには、「中国、日本、韓国文字のテキストを許可する」オプションにチェックを入れてください。チェックが入っていない場合、それらのメッセージはスパムとされる可能性があります。

メッセージが誤ってフィルタリングされてしまった場合、解析、及びフィルタリングテクニックの向上の為それらのメッセージを添付して以下のアドレスにお送りください。

  • 誤ってスパムであると認識されてしまったメッセージは添付ファイルとしてvrnonspam@drweb.comに送信してください。
  • 誤ってスパムではないと認識されてしまったメッセージは添付ファイルとしてvrspam@drweb.comに送信してください。

当社製品に組み込まれております「Vade Retro」アンチスパムは、フランス「GoTo Software(以下、GoToSoftware社)」のエンジンを利用しており、ご報告頂いた誤検知内容は、最終的にGoToSoftware社による解析を行い、反映致します。そのため、当社では明確な適用タイミングを保証しておりませんので、予めご了承ください。

また、同様にGoToSoftware社による解析の結果、アンチスパム機能に問題が無いと判断された場合、判定基準の修正や追加が行われない場合がございますので、ご了承ください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F