Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

他社製アンチウイルスソフトウェアと併用して利用することは出来ません。

Windows OS標準の「プログラムと機能」からすべてのアンチウイルスソフトウェアをアンインストールして頂き、再度、Dr.Webアンチウイルスをインストールしてください。

Windows OS標準の「プログラムと機能」からDr.Webアンチウイルスをアンインストールすることが出来なかった場合、専用の削除ユーティリティーをご用意しておりますので、そちらをお試しください。

それでもDr.Webアンチウイルスが削除出来なかった場合は、弊社テクニカルサポートサービスまでお問い合わせください。

WindowsOSの[コントロールパネル]にある「プログラムと機能」からDr.Webアンチウイルスをアンインストールすることが出来なかった場合、専用の削除ユーティリティーをご用意しておりますので、そちらをお試しください。
* アンインストールは、PCの再起動後に完了となります。ユーティリティを起動させた後、プログラムの誘導に従い必ずPCを再起動してください。

それでもDr.Webアンチウイルスが削除出来なかった場合は、弊社テクニカルサポートサービスまでお問い合わせください。

主なコンポーネント名とその機能です。これ以外のコンポーネントや詳細についてはオンラインヘルプ(アイコンを右クリックして表示されるメニューの中の「設定」ウインドウの、右上の青い?マークをクリックすると開きます)の「Dr.WebR Anti-virus ソリューション」を参照してください。

SpIDer Guard(スパイダーガード) メモリに常駐してリアルタイムにファイルのアクセスを監視します。

SpIDer Mail(スパイダーメール) メモリに常駐してメールクライアントから送受信されるメールを監視します。

SpIDer Gate(スパイダーゲート) インターネットを使用するWebブラウザ、ダウンロードマネージャのデータを監視します。

ペアレンタルコントロール ハードディスクやインターネットのアクセス制限ができます。

Firewall(ファイアウォール) インターネットを含む、ネットワーク接続を監視します。

Updater(アップデータ) データベースやコンポーネントを更新します。

Scanner(スキャナ) ユーザー指定やスケジュールによって特定のファイル・フォルダをスキャンできます。

セルフプロテクション ウイルスや、ルートキット経由で侵入した脅威から、Dr.Webアンチウイルスのプログラムや関連ファイルを保護する自己防衛機能です。

タスクバーのDr.Webアイコンをクリックし、表示されたメニューから[ツール] > [設定]を開きます。開いた画面の左側にある[更新]タブをクリックします。
デフォルトでは、
更新されるコンポーネント:すべて(推奨)
更新頻度:30分
となっています。

更新頻度は、30分、1時間、3時間、7時間、12時間、1日、手動 のいずれかとなります。特に問題がない限り、30分に設定することをお勧めします。 PCを安全にご使用いただく為に、最低でも”1日”に設定してください。
インターバルは、Dr.Webアンチウイルスが起動してからの間隔です。

更新されるコンポーネントは、”すべて”、もしくは”データベースのみ”を選択できます。更新されるコンポーネントには2種類あり、 最新のウイルスレコードを含むウイルスデータベースと、Dr.Webアンチウイルスの各コンポーネント(エンジンやスキャナ等)になります。 ウイルスデータベースの更新時には再起動は必要ありませんが、各コンポーネントがダウンロードされた場合、Dr.Webアンチウイルスは必要に応じてPCの再起動を要求します。

毎日、決まった時間にスキャンを開始するように設定するには、WindowsOSのタスクスケジューラを使用して設定します。

タスクスケジューラを開くには、[スタートメニュー] > [コントロールパネル] > [管理ツール] > [タスクスケジューラ]を開いてください。 画面左側の[タスクスケジューラライブラリ]をクリックすると、設定されたタスクが中央にリストされます。
その中に、[Dr.Web Daily scan]があるのを確認し、クリックしてください。中央下部に詳細が表示されます。

Dr.Webアンチウイルスは、インストール時にデイリースキャンのスケジュールを登録しますが、登録されたスケジュールは無効になっています。下記の手順で有効にすることができます。

起動する時間を変更する場合は、タスクスケジューラの画面左にある操作メニューから、[選択した項目] > [プロパティ]を開き、[トリガー]タブを開きます。 登録済みのトリガーを選択し、下部にある編集ボタンを押してください。開いた編集画面で設定を変更します。

有効にする場合は、タスクスケジューラの画面左にある操作メニューから、[選択した項目] > [有効化]を選択します。

その他、設定の変更を行う場合は、WindowsOSの操作、設定方法に従ってください。

大変申し訳ございませんが、Dr.Webアンチウイルスはインターネットに接続されることを前提に設計されています。もし、Dr.WebアンチウイルスがインストールされているPCがもう一台あり、そのPCがインターネットに接続されているようであれば、そのPCのウイルス定義ファイルを参照させることができます。方法については別途テクニカルサポートにお問い合わせください。

オンラインヘルプは製品をインストールすると同時にインストールされる、製品のマニュアルです。
以下の2通りの方法でオンラインヘルプを起動することが出来ます。

1:Windowsのスタートメニューの「すべてのプログラム」から「Dr.Web」を選択し、「Dr.Web Help(日本語)」をクリックします。

2:インストールすると、Windows右下のツールバーに緑色の蜘蛛のマークのアイコンが表示されます。このアイコンを右クリックし、「ヘルプ」を選択します。

スキャナがメールファイルとして認識するのは下記の形式のものです。メールファイルはメール1データでもメールボックスの形式でも、同様にメールファイルと認識しています。

1) "Unix Mailbox"フォーマットとして知られる、RFC-2822に準拠したメールファイル(メール・メールボックス)
 Mozilla/Thunderbirdやその他のほとんどのUNIXのMUAです。
2) MS Outlook/Outlook Express のメール(メール・メールボックス)フォーマット(DBX, MBX, PST, MSG)のファイル
3) TheBat メールボックスフォーマット(TBB)

ライセンスの登録は、インストール手順の中でも行う事ができますが、インストールが完了しているのにライセンスが登録されない場合、 以下の方法でライセンス登録を行ってください。

<<方法-1>>
① Dr.WebをインストールしてPCを再起動して頂くと、パソコンが起動して一番最初の画面(デスクトップ)の下部にある タスクバー(左端にスタートがあり、右端に時刻が表示されているバー)の右側に、Dr.Webアイコン(緑色の背景に黒い雲の絵)が表示されます。 そのDr.Webアイコンにマウスのカーソルを合わせ、マウスの右ボタンを1回クリックしてください。コンテキストメニューが表示されます。
② コンテキストメニューから、「管理モード」を押します。
③ セキュリティ画面が開きますので、「はい」を押してください。
④ もう一度、①の手順でDr.Webのコンテキストメニューを開き、「ライセンスを登録」を押してください。
⑤ 登録ウィザードが開きます。スキップ1の画面です。「ライセンスキーファイルです」の左のチェックを入れ、 シリアル番号を入力します。「次へ」を押してください。
⑥ 画面が切り替わります。今回初めてご利用のお客様は、「スキップ」を押してください。
⑦ スキップ2の画面で、登録名にお名前を入力してください。地域は"Japan"を選択します。市にはお住まいの市町村名を入力し 、電子メールアドレスに"パソコンから閲覧可能なメールアドレス"を入力してください。
⑧ ⑦で入力が完了すると、それぞれの項目の右側に緑色のチェックアイコンが表示されます。「次へ」を押してください。
⑨ 弊社のライセンスサーバと通信が行われ、認証が完了すると「ライセンスファイルを取得しました」と表示されます。
⑩ 「完了しました」を押して画面を終了します。

<<方法-2>>
① http://products.drweb.co.jp/register/ にアクセスします。
② 「登録手続きを開始する」をクリックします。
③ お手元にあるシリアル番号を入力し、「続行します」をクリックします。
④ 画面下の「私は本ライセンス契約の内容に同意します。」にチェックを入れ  「登録を続行する」をクリックします。
⑤ 空欄にお客様のお名前、お住まいの都市名、メールアドレスを入力し、 国名は「日本」を選択します。その後、「登録する」をクリックします。
⑥ 「当社製品をご購入いただき、まことにありがとうございます。」の 文字が表示されましたら、 数行下にある「drweb32.zip」にカーソルを あて、右クリックをして「対象をファイルに保存」をクリックします。
⑦ 保存先を指定するウィンドウが表示されますので、ウィンドウ左側の  「デスクトップ」を一度クリックし、デスクトップにファイルを保存してください。
⑧ ⑦で保存したファイルはファイル名がdrweb32.zipとなっていますので、 デスクトップにファイルがあることを確認してください。

⑨ 方法-1の①~③を行います。
⑩ 「ツール」から「ライセンスマネージャー」を選択します。
⑪ ライセンスマネージャーのウインドウが表示されますので、左下の 「新しいライセンスを取得」ボタン上で左クリックし、「ディスク上のファイルから」を選択します。
⑫ ファイルを選択するためのウィンドウが開きますので、ウィンドウ左の「デスクトップ」をクリックし、デスクトップ上の 「drweb32.zip」を選択して、「開く」ボタンをクリックします。
⑬ ライセンスマネージャーウインドウ上の「シリアル番号」がお手元のシリアル番号と同じであることを確認し、ライセンスマネージャーのウインドウは「閉じる」で閉じてください。

こちらからダウンロードしてください。

こちらからダウンロードしてください。

こちらからダウンロードしてください。

こちらからダウンロードしてください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F