Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

アンチシフトを有効にした際に、パスワード登録後にお友達リストに登録したお友達から、SMSでロック解除コマンドを送信して貰うことで、パスワードをリセットすることができます。

※SMSによるパスワード解除は、お友達登録がされている電話番号からのSMSでのみ有効です。
※ご友人のスマートフォンにもDr.Web Anti-Virus(有償版)をインストールされていることが前提となります。

SMS送信方法
1)Dr.Web Anti-Virusのアンチシフト設定画面を開きます
2)「友達」カテゴリにある「SMSコマンドを送信」を開きます
3)「番号」のところに相手の番号を指定し、「コマンド」で「ロックの解除」を選択してください。
4)「送信」ボタンを押すとSMSが送信されます。

※SMSアプリケーションからSMSを送信する場合、本文に#UNLOCK#Password#と入力してください。Passwordの部分には、パスワードを忘れられた方が登録した筈のパスワードを入力します。
或いは、#RESETPASSWORD#と入力してください。詳細はこちらをご参照ください。

SMSでロックが解除されない場合
機器別に専用に生成された解除コードでパスワードロックを解除することが可能です。解除コードは、弊社アンチシフト用HPに機器に固有の”Special Code”を入力いただくことで、登録されたE-Mailアドレスに解除コードをご連絡します。

弊社アンチシフト用HP:https://antitheft.drweb.com/

"Special Code"の確認方法

  • [再起動時にロック]を有効にしている場合(デフォルトでは無効)、Android端末を再起動するとロック画面が表示されます。表示されたロック画面にコードが表示されています。
  • Dr.Web Anti-Virusのアンチシフト設定のパスワード入力画面で、[パスワードを忘れましたか?」を押していただくと、表示された画面にコードが表示されています。

登録されているE-Mailアドレスについて
アンチシフトが有効に設定された時、自動的にDr.WebのサーバにE-Mailアドレスの登録が行われます。デフォルトでは、Android端末に登録されているgmailのアドレスが登録されます。この登録は、パスワード紛失時等にロック解除コードを作成する為にのみ使用されます。登録したE-Mailアドレスは、アンチシフトの設定画面で任意のアドレスに変更可能ですが、パソコンからアクセス可能なメールアドレスを登録してください。

Dr.Web for Android(beta)をインストールされ、最新のアップデートをインストールされていないお客様へ
パソコンからGooglePlayにアクセスし、ご利用の携帯端末にインストールされているDr.Web for Androidを最新版にアップグレードしてください。アップグレード後、アンチシフトは無効となります。詳しくは、下記の記事をご確認ください。
【GooglePlayからAndroid端末に直接Dr.Webアンチウイルスをインストール/アップデートする方法】

有償版のDr.Web Anti-Virusをご利用のお客様で、アンチシフト機能をオンにされている場合、Dr.Web Anti-Virusがデバイスの管理を行っている為、そのままではアンインストールができません。
以下の手順でデバイスの管理からDr.Webを外たあと、アンインストールしてください。

1)Androidの設定画面から、「位置情報とセキュリティ」を開いてください。
2)「デバイスの管理」にある、「デバイス管理機能の選択」を開きます。
3)Dr.Web anti-virusのチェックを外します。
4)停止ボタンを押してください。
5)登録したアンチシフトのパスワードを入力してください。

アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまった場合
下記の項目をご確認ください。
【アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまいました。】

Dr.Web アンチウイルスがウイルスを検出した場合、該当するファイルを隔離フォルダに移動します。隔離フォルダは、下記にあります。(変更はできません)

/mnt/sdcard/Android/data/com.drweb/files/quarantine

Dr.Web アンチウイルスの統計画面から「ジャーナルを保存する」ことができます。
ジャーナルとは、ログファイルのことで、「ジャーナルを保存する」ことで、操作、および検査履歴等をtxtファイルに保存します。

保存先は、/mnt/sdcard/Android/data/com.drweb/files/Dr.Web_Log.txt です。

取得方法
①Android端末のアプリケーションリストから、Dr.Webアンチウイルスのアイコンをクリック
②Dr.Web設定画面で、Android端末の詳細ボタンを押下し、表示された「統計」をクリック
③再度Android端末の詳細ボタンを押下し、表示された「ジャーナルを保存する」をクリック

Android端末向けのDr.Web製品には2種類あり、バージョンも異なっています。どちらの方法でAndroid端末にインストールされたかをご確認の上、対応する方法でバージョンアップをしてください。

Dr.Web Enterprise Security Suiteの1つである、弊社HPからダウンロード可能なバージョン
ESSの1つであるバージョンは、必要に応じて最新版を弊社HPよりダウンロードし、インストールして頂く必要がございます。(集中管理を行っている場合は、Control Centerから配信することもできます)

Androidマーケットからダウンロード可能なバージョン
Androidマーケットからダウンロードするバージョンは、インストール時に自動更新の許可を与えていれば、自動更新されます。自動更新の許可を与えていない場合、GooglePlayにアクセスして、Dr.Web Anti-Virusの製品ページから「アップデートをインストール」もしくは「更新」を行ってください。

2つの機能的な違いは、ControlCenterからの集中管理が行えるか否かとなっています。Androidマーケットからダウンロードするバージョンは、集中管理に対応していません。また、ESSの1つであるバージョンは、インストール後認証の為にシリアル番号(もしくはキーファイル)が必要となりますが、Androidマーケットからのダウンロード版は、シリアル番号を必要としません。

以下の手順に従って、ウイルスが検出されたファイルを再確認します。

1. パターンファイルを更新し、最新の状態で、カスタムスキャンでウイルスが検出されたファイルを再チェックします。

ウイルスが検出され、隔離、駆除、削除ができない場合: 2に進みます
ウイルスが検出されたが、隔離、駆除、削除ができた場合: 隔離されたファイルは、任意で削除をしてください。
ウイルスが検出されなかった場合: ウイルスは見つかりませんでした。このままご利用下さい

2)お使いのファイルマネージャを使用し、ウイルスが検出されたファイルをSDカードに移動(検出されたファイルがシステムファイルの場合はコピー)します。

標準でインストールされているファイルマネージャ、もしくはアストロファイルマネージャ(無料)をご利用ください。

3)スマートフォンから直接、もしくはEメール等でファイルをお持ちのPCに転送後にパソコンのブラウザから、Dr.Webオンラインスキャン(http://vms.drweb.co.jp/online/)にアクセスし、ファイルを検査します。

検査後、CLEARと表示された場合:ファイルはウイルスに感染しておりません。このままご利用ください。
検査後、やはりウィルスが検出された場合、検体提供ページ(https://vms.drweb.co.jp/sendvirus/から、ファイルを検体としてお送りください。お送りいただいた検体は、弊社ウイルスラボに送られます。ウイルスラボでの調査後、該当するウイルスに対応するレコードを追加した最新のパターンファイルがデータベースに更新され、ユーザー様に展開されます。

ウイルスが検出されたとき、検出されたウイルス名の最後に[origin]と付いている、もしくはウイルス名に[probably]が含まれている場合、ヒューリスティックアナライザーやOrigins Tracingによる誤検出の場合があります。
手順3)にあるオンラインスキャンでスキャン後、ウイルスが検出されなければ、そのファイルはウイルスに感染していません。そのままご利用いただけます。もし可能であれば、誤検知である旨を検体提供ページ(https://vms.drweb.co.jp/sendvirus/からお送りいただけますと、弊社ウイルスラボにて調査後、誤検知をしないよう対策を取らせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。

Dr.Web Anti-Virus(有償版)には、アンチシフトという機能が含まれています。

アンチシフトは、Android携帯端末の紛失、盗難時の情報保護を目的とする機能です。その為、この機能を有効にし正常に動作させるには、Android端末の管理権限を必要とします。(アンチシフトを有効にした時に、承諾を促すメッセージが表示されます)

アンチシフトは、インストール時は無効ですが、有効にすると、パスワードの登録と、お友達の登録が求められます。
アンチシフトのデフォルト設定では、SIMカードが抜かれた(変更された)場合にロックがかかる機能がONになっています。また、再起動後にロックする、もしくはパスワードを10回間違えた場合にAndroid端末のデータを消去するように設定することもできます。

アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまった場合
下記の記事をご確認ください。
【アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまいました。】

アンチシフト機能を無効にする方法
下記の記事をご確認ください。
【アンチシフトを無効にしたいです。どうしたらいいですか?】

アンチシフトを無効にするには、以下の方法で行ってください。
1)Dr.Web Anti-Virusの設定画面から「アンチシフト」を選択します。
2)パスワードを入力すると、アンチシフトの設定画面が開きます。
3)「パスワードと管理」カテゴリにある「Dr.Webアンチシフト無効化」を押してください。

アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまった場合
下記の記事をご確認ください。
【アンチシフト機能で登録したパスワードを忘れてしまいました。】

下記の手順で行うことができます。

①お持ちのパソコンから、ブラウザで「Google play」にアクセスします。

②Google playで「Dr.Web」を検索します。7/5現在、Dr.Webアンチウイルス/Dr.Web Anti-virus、Dr.Web Anti-virus Life licenseの3つが表示されます。

③Android端末にインストールされている製品の欄にある「インストール済み」もしくは「購入済み」ボタンををクリックします。(現在インストールされているか、インストールされていないが購入済みであるかでボタンの表示は異なります)

④表示された画面に、お持ちのAndroid端末ののメーカー名、モデル名が表示されます。複数台お持ちの場合は、リストから対象端末を選択します。

⑤インストールボタンを押します。しばらくすると自動的に選択したAndroid端末にインストールされます。

アンチシフトを有効にしていただくと、初めは自動的にAndroid端末に登録されているgmailアドレスが登録されます。その後、アンチシフト設定画面にて任意のメールアドレスに変更することが可能ですが、次の点にご注意ください。

●変更されるメールアドレスは、パソコンからアクセス可能なメールアドレスを指定してください。携帯会社のメールアドレス(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, @softbank.co.jpのアドレス)は指定しないでください。アンチシフト機能でAndroid端末がロックされ、登録したパスワードを忘れてしまった場合、ロック解除コードを発行することができますが、Android端末がロックされている為携帯会社のメールアドレスでは、解除コードを受け取っても見ることができなくなります。

●登録メールアドレスを変更した後、「この変更を承認するか否かを確認するメール」が、それまで登録されていたメールアドレスに送信されます。この確認メールには「変更を承認する場合はクリックしてください」と、クリックのところがリンクになっている文章が記載されています。クリックして頂くと、変更が有効になります。

※クリックされないままでいると、新しい登録メールアドレスは有効になりません。

ソフトウェアのメインメニューから「アンチシフト」を選択します。表示される 設定ウイザードのウインドウでパスワードを入力してください。次に、確認のため、パスワードを再入力してください。必要があれば、お友達リスト(信頼する電話番号)の設定を行ってください。

アンチシフト設定の詳細について、マニュアルの該当セクション

次に、ロック条件、及びそれに伴いソフトウェアがとる対処というアンチシフトのセキュリティーパラメーターを指定することができます。詳細について、こちらをご覧ください。

アンチシフトを有効にするために、前に指定されたパスワードをご利用ください。

インストールされたDr.WebforAndroidのバージョンと友達のリストの有無によって、以下の三つの方法のうち、どれか一つをご利用ください。

  • Dr.WebforAndroid 7.0以降の最新バージョンをご利用の場合、"Special Code"を使って、デバイスのロック状態を解除することができます。
  • Dr.Webアンチシフト(あらゆるバージョン)の設定時に、お友達リストを作成した場合、信頼する電話番号から送信したSMSコマンドでアンチシフトを無効にすることができます。SMSコマンドについての詳細はこちら
  • Dr.WebforAndroid 6.0バージョンをご利用のユーザーで、友達のリストが作成されていない場合は、Doctor Webテクニカルサポートにお問い合わせください
    お問い合わせの際に、以下の情報を教えてください。
    • -----お客様のAndroid端末の電話番号
    • -----お客様のAndroid端末に登録されているgmailアドレス
    • ----- お客様のAndroid端末のIMEI識別番号

※IMEI識別番号は、Android端末1台1台に割り当てられた番号で、15桁程度の数字です。電池パックの裏面に記載されています。もしくは電話発信のダイアル画面で[ *#06# ]と打った時に表示された番号を教えてください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F