Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

Agentはインストールされると、ESサーバで設定された、必要なコンポーネントをクライアントステーションにダウンロードし、ダウンロードが完了した時点でOSの再起動メッセージが表示されています。ESサーバ・クライアントステーション・ネットワークの状態によっては、コンポーネントのダウンロードと適用に時間がかかることがあります。

1つの回避策として、インストール直後にクライアントステーションに転送するコンポーネントを最小限に抑え、インストールが正常に完了した後で、改めて必要なコンポーネント群をインストールする方法があります。

下記の手順でAgentをインストールしてみてください。

STEP 1:CCのネットワークで"Everyone"を選択した状態で「コンポーネントのインストール」を選択します。
ここで、CCからクライアントステーションにインストールするコンポーネントを選択することができますので、「Dr.Web Scanner for Windows」のみにチェックを入れる等、必要最小限の選択をし、右上の「保存」ボタンを押します。

STEP 2:クライアントステーションのインストールを行います。デフォルトで"Everyone"グループに所属し、"Everyone"の設定が有効になりますので、1で設定した必要最小限のコンポーネントがインストールされます。

STEP 3:クライアントステーションのOSの再起動メッセージが表示されたら、OSを再起動します。

STEP 4:CCの「ネットワーク」画面で端末、グループを追加するためのタブをクリックし、グループの追加(ここではGroup1とします)を行います。

STEP 5:CCの「ネットワーク」画面でGroup1を選択した状態で「コンポーネントのインストール」を選択し、クライアントステーションにインストールしたいコンポーネントを選択します。選択後は右上の「保存」ボタンを押します。

STEP 6:3でインストールしたAgentが正常にESサーバに接続できているようなら、CCの「ネットワーク」画面でインストールされたクライアントステーションを選択した状態にします。ファイルマークのアイコンで「端末のプライマリグループの設定」をクリックし、画面右側のグループからGroup1を選択して「OK」を押します。

STEP 7:「コンポーネントのインストール」画面で 「**設定はGroup1プライマリグループから受け継いだものです。」 という表示を確認します。Agent側では、ここで設定されたコンポーネントのダウンロードが開始され、暫くするとOS再起動のメッセージが表示されますので、メッセージに従って再起動してください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F