Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

ウイルス検査デーモンdrwebdのバージョン番号は'-v'オプションを付けて実行することで確認できます。

$ ./drwebd -v
Dr.Web (R) daemon for Linux v5.0.1.3
Copyright (c) Igor Daniloff, 1992-2009
Doctor Web, Moscow, Russia
Support service: http://support.drweb.com
To purchase: http://buy.drweb.com
Shell version: 5.0.0.10060
Engine version: 5.0.2.3300

またDr.Web for Unix Serverのvfsモジュールのバージョン情報は以下のようにsyslogのDaemonファシリティで指定されたログファイルに記録されています。

Jul 29 11:07:04 foo drweb_samba[13219]: (connect) Dr.Web (R) Samba VFS ver.5.0.1.3 vfs.22 has been builded on Samba 3.2.0

お問い合わせの際には上記のようにdrwebd、及びvfsモジュール(smb_spider)のプロフラムのバージョン情報を事前にご確認ください。

drweb32.iniファイル内のKeyパラメーターにおいて、複数のキーファイルを適用することが可能です。

# Key = {FilePath}
# Location of the key file (license or demo).
Key=/opt/drweb/drweb32.key
Key=/opt/drweb/drweb32_0.key

Dr.Web for Unix Serverを用いる場合、Dr.Webデーモンをrootなどの特権アカウントで動かさないと、ファイルのウイルス検査や感染ファイルの治療・隔離などができないことがあります。

drweb32.iniファイルの[Daemon]セクションにあるUserパラメータを以下のように設定し、Dr.Webデーモンを再起動してください。HUPシグナルでは設定が反映されませんのでご注意ください。

[Daemon]
(省略)
; User = drweb
User = root

なおUserパラメータを変更した場合、パターン更新ツール(update.pl)の実行権限をUserパラメータで指定した権限に変更する必要がありますので、ユーザdrweb用のcrontabを削除して/etc/crontabにタスクを追加します。

# crontab -r -u drweb
# vi /etc/crontab

OSによってパターン更新ツールのパスが異なります。以下のようなタスクを追加してください。

Linux、Solarisの場合
3,33 * * * * root /opt/drweb/update.pl

FreeBSDの場合
3,33 * * * * root /usr/local/drweb/update.pl

Samba標準のvfs モジュール(readonly.soやrecycle.soなど)は正常に動くのにDr.Web for Unix Serverだけが正常に動作しない場合、原因としてvfsモジュールのバージョンとSambaのバージョンが一致していないことが考えられます。マニュアルを参照して正しいvfsオブジェクト用ファイルをご利用ください。

なおSolarisの標準パッケージのSambaとは組み合わせることができません。お手数ですが以下のいずれかの方法でSambaを入れ直した後にご利用ください。

  • sunfreeware.comのSambaパッケージを使用する
  • Sambaをソースからビルドしてインストールする

またSELinuxの機能が有効になっている一部のLinuxディストリビューションの場合、設定を変更する必要があります。

SambaによるMicrosoft DFS(分散ファイルシステム)を用いたシステム構成の場合、各共有が実際に存在するSambaサーバ側にDr.Web for Unix Serverをインストールすれば動作します。しかし、DFSルートサーバにしかインストールしていない場合、分散先の各Sambaサーバ上のファイルへのアクセスはDFSルートサーバを経由しないためにDr.Webによる検査対象となりません。

DFS環境下では全SambaサーバにDr.Web for Unix Serverをインストールしてご利用ください。

【参考】分散ファイルシステム(DFS)の活用(Microsoft)

ウイルスパターンファイルのトータルレコードの確認は、以下のコマンドを使用します。

# /opt/drweb/drweb -sd

起動中のDr.Webの情報が表示されます。最後に、トータルレコードが表示されます。

(例)Total virus records: 3010079

ウイルスパターンファイルの配信サーバに登録されているレコード数は、下記URLから確認することができます。

http://info.drweb.com/export/xml/vbase/

<totalrecords>2519823</totalrecords> --> v7エンジン対応のトータルレコード
<totalrecords_v5>3010079</totalrecords_v5> --> v5エンジン対応のトータルレコード

ご利用のDr.Webのエンジンバージョンは、上記コマンド(# /opt/drweb/drweb -sd)でご確認いただけます。実行結果で、Engine versionをご確認ください。

ウイルスパターンファイルを手動更新を行う場合、下記コマンドを実行します。

# /opt/drweb/update.pl

更新サーバに最新版があれば、ダウンロードし、適用されます。 ダウンロードされたウイルスパターンファイルは、/var/drweb/bases 配下に保存されています。

Linux上でDr.Webをご利用の場合、ウイルスパターンファイルの自動更新を行うため、インストール時に上記コマンドをcronに自動登録しています。 (自動更新を行うためのユーザとグループ(drweb/drweb)も自動で作成されています)

# more /etc/cron.d/drweb-update
*/30 * * * * drweb /opt/drweb/update.pl

SolarisおよびFreeBSD上でご利用の場合、自動登録はされませんので、個別にcronに登録を行ってください。

何らかの理由から、配信サーバからパターンファイルの更新ができない場合

1. 他にDr.Webが動作しているマシンがあれば、そこからウイルスパターンファイルをコピーして動作させることができます。ただし、この場合はサービスを再起動する必要があります。

# rsync -r /var/drweb/bases/ <target_mashine_hostname>:/var/drweb/bases

<サービスの再起動> 
# /etc/init.d/drwebd restart
# /etc/init.d/drweb-monitor restart

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F