Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

ルールによって様々な組み合わせの設定が可能で、下記は一例です。
ルール設定に関しては、マニュアルの「Dr.Web for UNIUX Mail Servers」-「設定ファイル」-「[Rules]セクション」を参照してください。

<動作>
保護ネットワーク内(ここではexample.comドメイン)からのメールでウイルスが検知された場合は送信者に通知を送信する。 それ以外のネットワークからのメールでウイルスが検知された場合は送信者には通知を行わずにメールを破棄する。

<設定例>
ウイルス検知のdrwebプラグイン設定plugin_drweb.confで下記の設定を行います。 これがルールが適用されない場合のデフォルト設定となります。
(下記例ではウイルス検知の場合のプラグイン設定を紹介しています。疑わしいオブジェクトやアドウェア、リスクウェア等の検知時にも同様の動作をさせたい場合は、同様にオプションを変更してください。)

=====
[Antivirus]
:
Infected = cure
:
Incurable = discard,notify
=====

ルール設定を行います。組み込み型(Dr.Web for Unix Mail Servers)の場合は maild_***.conf(***はMTA名)、プロキシ型の場合はmaild_smtp.confが設定ファイルです。

=====
[Rule]
:
notify.Virus = allow(rcpt)
:

[Rule:MySection]
notify.Virus = block(rcpt)
notify.Virus = allow(sender)

[Rules]
from:regex:example\.com cont drweb/Infected=cure,drweb/Incurable=reject\,notify,rule=MySection
=====

設定ファイルを変更した後は、サービスを再起動してください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F