Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

ウイルス検査デーモンdrwebdのバージョン番号は'-v'オプションを付けて実行することで確認できます。

$ ./drwebd -v
Dr.Web (R) daemon for Linux v5.0.1.3
Copyright (c) Igor Daniloff, 1992-2009
Doctor Web, Moscow, Russia
Support service: http://support.drweb.com
To purchase: http://buy.drweb.com
Shell version: 5.0.0.10060
Engine version: 5.0.2.3300
$ ./drweb-icapd -v
Dr.Web (R) icap daemon, version 5.0.0.6 (Apr 28 2010)

お問い合わせの際には上記のようにdrwebddrweb-icapdのプログラムのバージョン情報を事前にご確認ください。

drweb32.iniファイル内のKeyパラメーターにおいて、キーファイルのパスを複数記述、適用することが可能です。

# Key = {FilePath}
# Location of the key file (license or demo).
Key=/opt/drweb/drweb32.key
Key=/opt/drweb/drweb32_0.key

以下の理由が考えられます。

  • Dr.Webでは対応していないマルウェアである
  • Webプロキシサーバが既にキャッシュしてしまっている
  • Dr.Webの設定で一定のサイズ以上のファイルはウイルス検査が行われないようになっている
  • ブラウザで既にキャッシュされてしまっている

これらに該当しないようであれば弊社までお問合せください。

Squidの設定で、ICAPサーバにクライアントIPアドレスを通知するようになっているか確認してください。squid.confに以下のような行があります。

#Default:
# icap_send_client_ip off

この場合は通知がされませんので以下のように変更し、squidに再読み込みを指示してください。

#Default:
icap_send_client_ip on

ウイルスパターンファイルのトータルレコードの確認は、以下のコマンドを使用します。

# /opt/drweb/drweb -sd

起動中のDr.Webの情報が表示されます。最後に、トータルレコードが表示されます。

(例)Total virus records: 3010079

ウイルスパターンファイルの配信サーバに登録されているレコード数は、下記URLから確認することができます。

http://info.drweb.com/export/xml/vbase/

<totalrecords>2519823</totalrecords> --> v7エンジン対応のトータルレコード
<totalrecords_v5>3010079</totalrecords_v5> --> v5エンジン対応のトータルレコード

ご利用のDr.Webのエンジンバージョンは、上記コマンド(# /opt/drweb/drweb -sd)でご確認いただけます。実行結果で、Engine versionをご確認ください。

ウイルスパターンファイルを手動更新を行う場合、下記コマンドを実行します。

# /opt/drweb/update.pl

更新サーバに最新版があれば、ダウンロードし、適用されます。 ダウンロードされたウイルスパターンファイルは、/var/drweb/bases 配下に保存されています。

Linux上でDr.Webをご利用の場合、ウイルスパターンファイルの自動更新を行うため、インストール時に上記コマンドをcronに自動登録しています。 (自動更新を行うためのユーザとグループ(drweb/drweb)も自動で作成されています)

# more /etc/cron.d/drweb-update
*/30 * * * * drweb /opt/drweb/update.pl

SolarisおよびFreeBSD上でご利用の場合、自動登録はされませんので、個別にcronに登録を行ってください。

何らかの理由から、配信サーバからパターンファイルの更新ができない場合

1. 他にDr.Webが動作しているマシンがあれば、そこからウイルスパターンファイルをコピーして動作させることができます。ただし、この場合はサービスを再起動する必要があります。

# rsync -r /var/drweb/bases/ <target_mashine_hostname>:/var/drweb/bases

<サービスの再起動> 
# /etc/init.d/drwebd restart
# /etc/init.d/drweb-monitor restart

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F