Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

Ver4.44からVer6.xxへのアップデートの為に、設定ファイルを移行する為のスクリプトが用意されています。
下記の手順に従ってアップデートを行ってください。

  1. drweb4.44 と MTA のサービスを停止します。
  2. Ver4.44 の設定ファイル、キーファイルを、任意のフォルダにバックアップを取ります。
  3. 2-1. /opt/drweb 下(デフォルト)にあるキーファイル(拡張子 key のファイル)

    注意!:キーファイルは書込み禁止ファイルです。エディタ等で編集しないでください
    2-2. /etc/drweb 下の設定ファイル一式
  4. Ver4.44 をアンインストールします。
  5. 3-1. install.sh スクリプトでインストールした場合は、$bin_dir/maild/scriptsディレクトリ下の uninstall.sh を実行します。

    3-2. マニュアルインストールを行っていた場合は、手動で /var/drweb, /etc/drweb,/opt/drweb を削除します。
  6. Ver6 をインストールします。
  7. 2011年12月1日現在、最新版は6.02です。

    移行スクリプトについて
    V6.0.1.2 をインストールする場合は、/opt/drweb/maild/script 下に"dwmigrate_to_new_conf.pl"/"dwmigrate_to_new_rules.pl" 変換スクリプト がありますが、V6.0.2.0-1111161658 はスクリプトが含まれておりません。V6.0.2をご利用の場合は、メニューからダウンロードできます。

    GUI でインストールを行った場合、コンポーネントのインストール後の"Run interactive postinstall script" によるポストスクリプトでのコンフィグ設定がありますが、Ver4.44のファイルを移行する場合は、このポストスクリプトをスキップしても問題ありません。ポストスクリプトはインストール時にスキップしても、後で実行することができます。
  8. /etc/drweb 下のデフォルトの "*.config" ファイルのバックアップを取り、一度 "*.config" を /etc/drweb から削除、もしくは移動します。
  9. 例. "#mv /etc/drweb/*.config /etc/drweb/drweb32.ini /etc/drweb/config_backup"
  10. 2でバックアップを行った Ver4.44 の設定ファイル( "*.config" ファイル)を /etc/drweb にコピーします。
  11. Ver4.44 から Ver6 に config ファイルの変換を行います。
  12. 7-1. "#dwmigrate_to_new_conf.pl" を実行するとデフォルトで /etc/drweb の configファイルを Ver4.44 の config とみなして、Ver6 用の config.new に変換を開始します。y を押して進めてください。

    7-2. 最初に config 内の古いルールが変換されますので、変換する場合には y、Enter を押してください。
    =========
    :
    Add these rules to file /etc/drweb/maild_MTA.conf.new? [y/n] y

    /etc/drweb/maild_MTA.conf.new patched OK.
    :
    =========

    その後、各オプションが変換されますので、変換する場合には 1、Enter を押してください。全てのオプションを変換する場合には、5、Enter を押してください。

    =========
    :
    Parameter maild_MTA.conf.new:Filters/BeforeQueueFilters
    default value:
    old value: vaderetro, headersfilter, drweb
    Press 1 to Update parameter, 3 to Skip, 5 to Update ALL parameters or 7 to Exit [1]
    :
    =========

    変換終了後、*.conf.new ファイルを *.conf ファイルに書き込みます。yで進めてください。

    =========
    :
    Install new configuration files from

    /etc/drweb/plugin_vaderetro.conf.new
    /etc/drweb/monitor.conf.new
    /etc/drweb/plugin_drweb.conf.new
    /etc/drweb/agent.conf.new
    /etc/drweb/plugin_headersfilter.conf.new
    /etc/drweb/maild_postfix.conf.new


    to

    /etc/drweb/plugin_headersfilter.conf
    /etc/drweb/monitor.conf
    /etc/drweb/plugin_vaderetro.conf
    /etc/drweb/plugin_drweb.conf
    /etc/drweb/maild_postfix.conf
    /etc/drweb/agent.conf


    Install (y/n) [y] ?
    =========

    * .conf: Ver6 用に変換されたファイル
    * .conf.drwebsave: Ver4.44 オリジナルファイル
    * .conf.new: 変換時に使用した仮ファイル(変換を実行している場合は最終的には *.conf と同じ)
    * .conf.new.drwebsave: スクリプト最初のルール変換で使用した仮ファイル
  13. /etc/drweb/drweb32.ini に、Ver4.44 で設定したオプションを手作業で書き込みます。
    • EnginePath = "/opt/drweb/lib/drweb32.dll"

      の行を

      EnginePath = /var/drweb/lib/drweb32.dll

      と書き換えることで Ver4.44 の drweb32.ini をそのまま Ver6 でもご利用は頂けますが、Ver6 で追加されたオプションもあるため、Ver6の drweb32.ini に Ver4.44 のオプションをVer6 の drweb32.ini に手動で追加することをお勧めします


    • plugin_vaderetro.conf で "WhiteListFiles =" "BlackListFiles ="を設定している場合、"dwmigrate_to_new_conf.pl" スクリプトで正しく変換されません。 変換作業を行った後、Ver6 の plugin_vaderetro.conf を下記の例のように書き換えてください。

      WhiteList = file:/etc/drweb/whitelist
      BlackList = file:/etc/drweb/blacklist
  14. drweb/MTA のサービスを起動し、動作確認を行います。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F