Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

よくあるご質問

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。

Enterprise Serverに関するご質問の場合
【WindowsOSにインストールされている場合】
①バージョン情報
ControlCenterを開き、「管理」>「Dr.Web Enterpriseサーバ」を開きます。Dr.Web Enterpriseサーバのバージョンが表示されます。

②OS情報
ControlCenterを開き、「管理」>「Dr.Web Enterpriseサーバ」を開きます。OSの情報が表示されます。

③動作ログ
【Windowsの場合】
こちらからユーティリティをダウンロードし、Enterprise Server上で起動してください。ログを取得する画面が起動しますので、「ログを取得する」ボタンを押してください。取得したログはC:\Documents and Settings\\Doctor Webの配下に保存されています。(WindowsXPの場合)保存先を変えたい場合は、起動した画面の左下にある「ログのパラメータ」を開いてください。「Browse...」ボタンを押すと、変更することができます。(Reportアイテムは変更しないでください)

【Unix/Linixの場合】
・/var/opt/drwcs/log/drwcsd.log
・/var/log/messages
デバッグログの取得手順は、こちらのページにある「エンタープライズサーバ(LINUX)のデバッグログは取得できますか?」を参照してください

Agentに関するご質問の場合
①バージョン情報
接続しているDr.Web Enterprise Serverのバージョンを教えてください。

②OS情報
「スタート」メニュー > 「コントロールパネル」>「システム」を開きます。OS情報が表示されます。

③動作ログ
タスクバーに表示されたDr.Webアイコン上でマウスの右ボタンを押してください。表示されたコンテクストメニューから「ログの準備」を開きます。ログを保存する任意の場所を指定し、「保存」ボタンを押してください。

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。

①バージョン情報
タスクバーに表示されたDr.Webアイコン上でマウスの右ボタンを押してください。表示されたコンテクストメニューから「プログラムについて」を開きます。上部にあるバージョン情報を教えてください。

②OS情報
「スタート」メニュー > 「コントロールパネル」>「システム」を開きます。OS情報が表示されます。
※Windows8をご利用で「スタートボタン」がない場合、画面右下の「エクスプローラ」を開いてください。表示されたウィンドウの左側のツリーから「デスクトップ」を選択すると、画面右側に「コントロールパネル」が表示されます。
③動作ログ
タスクバーに表示されたDr.Webアイコン上でマウスの右ボタンを押してください。表示されたコンテクストメニューから「ツール」>「レポートウィザード」を開きます。ログを取得する画面が起動しますので、「ログを取得する」ボタンを押してください。取得したログはC:\Users\\Doctor Webの配下に保存されています。(Windows7の場合)保存先を変えたい場合は、起動した画面の左下にある「ログのパラメータ」を開いてください。「Browse...」ボタンを押すと、変更することができます。(Reportアイテムは変更しないでください)

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。

①バージョン情報
タスクバーに表示されたDr.Webアイコン上でマウスの右ボタンを押してください。表示されたコンテクストメニューから「プログラムについて」を開きます。上部にあるバージョン情報を教えてください。

②OS情報
「スタート」メニュー > 「コントロールパネル」>「システム」を開きます。OS情報が表示されます。

③動作ログ
タスクバーに表示されたDr.Webアイコン上でマウスの右ボタンを押してください。表示されたコンテクストメニューから「ツール」>「レポートウィザード」を開きます。ログを取得する画面が起動しますので、「ログを取得する」ボタンを押してください。取得したログはC:\Users\\Doctor Webの配下に保存されています。(Windows7の場合)保存先を変えたい場合は、起動した画面の左下にある「ログのパラメータ」を開いてください。「Browse...」ボタンを押すと、変更することができます。(Reportアイテムは変更しないでください)

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。


Version 6.0.2.xの場合


1) drwebd、及びdrweb-monitorのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果を教えてください。
# /opt/drweb/drwebd -v
# /opt/drweb/drweb-monitor -v

2) OS情報、及びディストリビューション名
uname -a コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。

3) ご利用のSambaのバージョン

4) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む、/var/log/message をお送りください。

5) Dr.Webの設定ファイル
/etc/drweb 配下の、設定ファイル(drweb32.ini、monnitor.conf、smb_spider.conf)をお送りください。

6)その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。


Version 10.x、11.xの場合


1)Dr.Webのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# /opt/drweb.com/bin/drweb-configd -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-se -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-smbspider-daemon -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-spider -v

2) OS情報、及びディストリビューション名等
下記コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。
# uname -a
# free -m
# vmstat
# cat /proc/cpuinfo
# cat /proc/meminfo

3) ご利用のSambaのバージョン

4) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む、/var/log/message をお送りください。
※ログの出力先を変更されている場合は、そちらもお送りください。

5) Dr.Webの設定情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# drweb-ctl cfshow
# drweb-ctl cfshow --Ini

6) その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。


Version 6.0.2.xの場合


1) drwebd、drweb-monitor、およびdrweb-maildそれぞれのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果を教えてください。
# /opt/drweb/drwebd -v
# /opt/drweb/drweb-monitor -v
# /opt/drweb/drweb-maild -v

2) OS情報、及びディストリビューション名
"uname -a" コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。

3) ご利用のMTAとそのバージョン

4) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む、"/var/log/message"と"/var/log/maillog"をお送りください。

5) Dr.Webの設定ファイル
/etc/drweb 配下の、設定ファイル(drweb32.ini、 monitor.conf、 agent.conf、 maild_MTA名.conf、 plugin_drweb.conf、 plugin_headersfilter.conf、 plugin_modifier.conf、 plugin_vaderetro.conf)をお送りください。(drwebフォルダごとをお送りいただいても構いません)

6) その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。


Version 11.xの場合


1) Dr.Webのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# /opt/drweb.com/bin/drweb-configd -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-se -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-ctl -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-firewall -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-gated -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-maild -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-ase -v

2) OS情報、及びディストリビューション名等
下記コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。
# uname -a
# free -m
# vmstat
# cat /proc/cpuinfo
# cat /proc/meminfo

3) ご利用のMTAとそのバージョン

4) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む "/var/log/message" と "/var/log/maillog" をお送りください。
※ログの出力先を変更されている場合は、そちらもお送りください。

5) Dr.Webの設定情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# drweb-ctl cfshow
# drweb-ctl cfshow --Ini

6) その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。


Version 6.0.2.xの場合


1) drwebd、drweb-monitor、およびdrweb-icapdそれぞれのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果を教えてください。
# /opt/drweb/drwebd -v
# /opt/drweb/drweb-monitor -v
# /opt/drweb/drweb-icapd -v

2) OS情報、及びディストリビューション名
uname -a コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。

3) ご利用のsquidとそのバージョン

4) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む、/var/log/message をお送りください。

5) Dr.Webの設定ファイル
/etc/drweb 配下の、設定ファイル(drweb32.ini、monitor.conf、drweb-icapd.ini)をお送りください。(drwebフォルダごとをお送りいただいても構いません)

6) その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。


Version 11.xの場合


1) Dr.Webのバージョン情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# /opt/drweb.com/bin/drweb-configd -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-se -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-ctl -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-firewall -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-gated -v
# /opt/drweb.com/bin/drweb-icapd -v

2) OS情報およびディストリビューション名等
下記コマンドの出力結果と、ディストリビューション名を教えてください。
# uname -a
# free -m
# vmstat
# cat /proc/cpuinfo
# cat /proc/meminfo

3) ご利用のsquidのバージョン等
下記コマンドの出力結果をお送りください。
# squid -v

4) squidの設定ファイル 以下の設定ファイルをお送りください。
/etc/squid/squid.conf

5) システムログ
不具合が発生したタイミングの前後20分程度を含む、/var/log/message をお送りください。
※ログの出力先を変更されている場合は、そちらもお送りください。

6) Dr.Webの設定情報
以下のコマンドの出力結果をお送りください。
# drweb-ctl cfshow
# drweb-ctl cfshow --Ini

7) その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。

下記の情報を取得して、お問い合わせの際にご送付ください。

①Dr.Webのバージョン情報
Dr.Web for Androidの設定画面を起動し、「ツール」>「プログラムについて」を開きます。バージョン情報を確認してください。
②ご利用のスマートフォンのOS情報、及び機種名
スマートフォンの設定画面から「端末情報」を開いてください。モデル番号、ファームウェアバージョンを教えてください。

③Dr.Webの動作ログ
Dr.Web for Androidの設定画面を起動し、「ツール」>「統計」を開きます。統計画面でスマートフォンのメニューボタンを押すと、メニューが表示されますので「ジャーナルを保存する」を押してください。ジャーナルとは、Dr.Web for Androidの動作ログです。取得したログは、SDカードに保存されます。(/mnt/sdcard/Android/data/com.drweb/files配下)

④その他
特定のファイルでの不具合発生や、ウイルスの検知等がございましたら、該当のファイルをお送りください。なお、システムファイルでウイルスを検知した場合、Dr.Webは隔離することも削除することもできません。その場合は、ファイルマネージャ(標準でインストールされているものや、アストロマネージャなど)を利用して該当のファイルをSDカードにコピーし、弊社までお送りください。

戻る

何も見つかりませんでした

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F